クリヤ・ヨガ瞑想の道

Meditation Shrine, Ranchi

「何千年もの間、インドのヨギや聖者たち、そしてイエスにも知られていた、明確な瞑想の科学を用いることによって、神を求める人は誰でも、意識の持つ力を全知にまで拡大し、自分の内に、神の普遍の知性を受け入れることができるのです。」

―― パラマハンサ・ヨガナンダ

英知、創造力、安心、幸福、無条件の愛 ―― 永続する本当の喜びをもたらすものを見つけることは、本当にできるのでしょうか?

私たち自身の魂の内に神を経験すること、神の至福を私たちの手に取り戻すこと――これが、パラマハンサ・ヨガナンダのクリヤ・ヨガの教えによって、私たち一人ひとりにもたらされるのです。

クリヤ・ヨガの聖なる科学は、高度な瞑想技法で構成され、これを誠実に実践することによって、神を悟り、あらゆる束縛から魂を解き放つことが可能になります。クリヤ・ヨガは、ヨガ、すなわち神との合一に至る、究極の技法であるといえます。


クリヤ・ヨガの歴史
The Yoga of the Bhagavad Gita
注文する

はるか昔に忘れ去られていた聖なる科学クリヤ・ヨガを見出したのは、悟りを開いたインドの聖者たちでした。主クリシュナは、バガヴァッド・ギーターの中でクリヤ・ヨガを絶賛し、聖哲パタンジャリも、ヨガ・スートラの中でクリヤ・ヨガに言及しています。パラマハンサ・ヨガナンダによれば、この古(いにしえ)の瞑想法は、イエス・キリストや、聖ヨハネ、聖パウロなどの弟子たちにも知られていました。

The Yoga of Jesus
注文する

クリヤ・ヨガは、暗黒の時代に何世紀ものあいだ失われていましたが、マハアヴァター・ババジによって、再び現代にもたらされました。そしてババジの弟子のラヒリ・マハサヤ (1828–1895) が、現代において初めてクリヤ・ヨガを広く教えました。後にババジは、ラヒリ・マハサヤの弟子のスワミ・スリ・ユクテスワ・ギリ (1855–1936) に、パラマハンサ・ヨガナンダを訓練して西洋に派遣し、真の自己(魂)を明らかにするこの技法を、世界に伝えるよう依頼しました。

パラマハンサ・ヨガナンダは、同じ系譜にたつ大師たちから、古(いにしえ)の科学クリヤ・ヨガを西洋に伝える者として選ばれました。そしてこの目的のために、1920年にSRF を設立しました。

古代のクリヤの科学は、かつて、世を捨てて人里離れて生きる、少数の忠実な修行者のみに許されていましたが、インドの偉大な大師たちは、パラマハンサ・ヨガナンダと彼が設立した求道のための団体(SRFおよびYSS) を媒介として、このクリヤの科学を、世界中の真剣に神を求めるすべての人々が手にできるようにしました。

  • Mahavatar Babaji
  • Lahiri Mahasaya
  • Swami Sri Yukteswar Giri
  • Paramahansa Yogananda
 

ヨガナンダ師は次のように書いています。「1920年、アメリカに来る前、マハアヴァター・ババジは、私を祝福してくださり、私がこの神聖な使命のために選ばれたことを告げられた。『お前は、わたしがクリヤ・ヨガの福音を西洋に広めるために選んだ使者なのだ。今から何年か前、わたしはクンバメラで、お前の師のユクテスワに、お前を彼のもとに送るから訓練してくれるようにと頼んでおいたのだ。』ババジはそれからこう予言された。『クリヤ・ヨガは、神を知るための科学的技法として、ついにはあらゆる国々に広まるだろう。そして、各人が超感覚的知覚を通して無限の父に目覚めるようになり、それが国々の和合のうえに役立つだろう。』」



イエス・キリストとクリヤ・ヨガ

パラマハンサ・ヨガナンダの使命の重要な目的の一つは、「イエス・キリストの教えた元来のキリスト教と、バガヴァン・クリシュナの教えた元来のヨガが、完全に調和していて根本的に一致することを明らかにし、かつ、キリスト教とヨガの示す真理の原則が、あらゆる真の宗教に共通する科学的基盤であると示すこと」でした。

イエスは、広く一般の人々に対しては、信仰や愛や許しという簡潔な哲学を説いていました。そして多くの場合、普遍的な教訓を含めた、たとえ話の形で話をしました。その一方で、側近の弟子たちには、より深い真理を教えていました。それは、さらに古い時代のヨガ哲学の根底にある、形而上学的な概念に一致するものでした。

The Second Coming of Christイエスの元来の教え(弟子たちにヨガ瞑想の秘術を授けていたという事実も含めて)を完全に理解するには、パラマハンサ・ヨガナンダによる、聖書の詳細な注釈書『The Second Coming of Christ: The Resurrection of the Christ Within You』をお読みください。

 クリヤ・ヨガの道の瞑想法

パラマハンサ・ヨガナンダは、自著『あるヨギの自叙伝』の中でクリヤ・ヨガについて述べています。実際の技法はSRFのレッスン受講者に授けられますが、その前に一定期間、パラマハンサ・ヨガナンダが教えた3つの準備技法を学び、実践する必要があります。

これらの瞑想技法を、総合的な体系の一部として実践すると、古代のヨガ科学がもたらす恩恵を最大限に得ることができ、聖なる目標に到達することが可能になります。

1. 活性化の技法:この一連の心身の訓練方法は、1916年にパラマハンサ・ヨガナンダによって開発されたもので、体を瞑想にふさわしくする準備のために行います。規則的に訓練することで、心と体をリラックスさせ、原動力を生みだす意志の力をつちかうことができます。この技法は、呼吸と生命力と集中力を用いて、意識的に体内に大量のエネルギーを取り込むことを可能にし、その結果、体のすべての部分を系統的に浄化し強めます。活性化の技法にかかる時間は15分ほどで、ストレスや神経の緊張を取り除くためのもっとも効果的な方法の一つです。瞑想前にこれを行うと、静かに内面に集中した意識状態にはいるのに、大いに役立ちます。

Meditation Posture2. ホン・ソー集中法は、人間が潜在的に持つ集中力を高めるのに役立ちます。この行法を実践することによって、思考やエネルギーを、気を散らす外部のものから引き上げて、達成すべき目的や解決すべき問題に、集中させることができるようになります。あるいは、この集中させた注意力を、自分の内にある「聖なる意識」を悟るために用いることもできます。

3. オーム瞑想法は、集中力を最も高度な形で用いて、私たちの真の自己が持つ神性に目覚め、神性を開花させていく方法を教えています。この古(いにしえ)の行法は、あらゆるものに浸透する、聖なる存在を経験する方法を教えてくれます。この聖なる存在は、「オーム」もしくは「神のことば」、「聖霊」として知られ、万物の背後に存在して万物を支えています。この行法によって、体と心の限界を超えて意識が拡大し、自分の無限の可能性を、喜びあふれて知ることが可能になります。

4. クリヤ・ヨガ行法
クリヤは、プラーナヤーマ(生命エネルギーの統御)という高度なラージャ・ヨガの技法の一つです。クリヤは、脊髄と脳を流れる精妙な生命エネルギー(プラーナ)の流れを強化し、活性化します。インドの古代のリシ(賢者)たちは、脳と脊髄を、生命の木として見ていました。脳脊髄にある、生命と意識の精妙な中枢(チャクラ)からエネルギーが流れ出て、人体のあらゆる神経、器官、組織に活力を与えています。ヨギたちはクリヤ・ヨガの特別な技法によって、この生命の流れを、脊柱に沿って上下に絶えず循環させることで、内なる進化と覚醒を大幅に速めることができるのを発見しました。

クリヤ・ヨガを正しく実践すれば、心臓と肺と神経組織の通常の活動を、自然に低下させることができます。すると、心と体の内に深い静寂が生み出され、思考、感情、感覚によって絶え間なくかき乱される状態から、注意力を解き放つことができます。この澄みわたる内なる静寂の中で、人は心の平安の深まりを経験し、自らの魂と、そして神と同調した状態を経験するようになります。

クリヤ・ヨガを学ぶには  

The chakras in Kriya Yogi meditation

パラマハンサ・ヨガナンダによるSRFのレッスン(通信講座)

はじめに、SRFのレッスンの受講をお申込みください。受講を開始して最初の一年間は、基本となる3つの瞑想行法(前述)と、バランスのとれた求道的な生き方(霊的な生き方)の根本原則について、ヨガナンダ師の教えを学びます。
このような導入段階を設けるのは、目的があります。ヒマラヤを目指す登山者は、登頂の前に、まず気候に順応し、体調を整えなければなりません。同様に求道者は、自分の習慣や思考を順応させ、集中力や信愛で心を整え、体の生命エネルギーを操る訓練をするために、導入期間が必要になります。こうしてヨギは、悟りに至る脊柱の本道を駆け上がるための準備が整います。一年の準備と訓練の後、クリヤ・ヨガの技法を伝受するための申請資格を得て、正式にパラマハンサ・ヨガナンダと、そして同じ系譜に立つ悟りを開いた大師の方々と、由緒ある師弟関係を結ぶことができるようになります。

SRFのレッスンをまだ受講していなくても、こちらのページに瞑想方法の基本的な説明がありますので、瞑想によってもたらされる様々な恩恵を体験し始めるために、すぐに役立てることができます。

師弟関係

"Meditating at the feet of the Guru", Smriti Mandir, Ranchi, India
クリヤ・ヨガはSRFにおけるディクシャ(秘儀の伝授)もしくは霊的洗礼です。SRFのレッスンを学んでいる人は、クリヤの伝授を受けることによって、パラマハンサ・ヨガナンダ師をグル(霊的指導者)として受け入れて、神聖な師弟関係を結ぶことになります。

 

Copyright © Self-Realization Fellowship. All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)