|

スリ・ムリナリニ・マタからの復活祭のメッセージ (日本語)

Jesus Christ

宇宙にあまねく存在するキリストよ、私たちのうちに目覚めてください! 私

たちは自分の無知によって、あなたを十字架にはりつけにしてしまいました。

永遠なるキリストの英知として、絶え間なく降り注ぐ祝福として、私たちの内

にもう一度復活してください。

— パラマハンサ・ヨガナンダ


愛する皆さんへ

パラマハンサ・ヨガナンダの僧院より復活祭のご挨拶を申し上げるとともに、この聖なる季節につねに約束されている、喜びあふれる霊的復活を皆さんが経験されますよう、心よりお祈りいたします。

 キリストがこの世にお生まれになって以来、多くの時代が流れ去りました。様々な時代の波乱にとんだ変化が、歴史に記録されています。そのような時代には無知がはびこり、より高次の意識に向かおうとする、人類の進化を妨げてきました。しかし、繰り返し起こる、暗く恐ろしい出来事を超えて、変わることのない「神の真理」の光は、絶えず広がり続けながら永遠に存在しています。「神の真理」は、無限のキリスト意識を自分の内によみがえらせていたイエスの、純粋無垢の人生のなかに現れ出て、今もなお大きく輝き、不滅のそして不滅へと導く善の力、神の恩寵として光を放ち続けています。復活祭を祝う本当の意味とは、私たちが、遍在するキリストの力を受け入れられるように目覚めることです。この遍在のキリストの力によってイエスは、自分の魂の神性をつらぬいて、永遠の生命を肉体の内に復活させました。イエスは古代の聖典の英知に触れ、「あなたがたの律法に、『わたしは言う、あなたがたは神々である』と書いてあるではないか」とおっしゃって、その正しさを再確認なさいました。復活祭の本当の喜びとは、自分の人生の中で、この英知の夜明けを迎えることなのです。

 この言葉は、イエスの勝利に満ちた人生と復活に示されている、全人類への崇高な約束です。永遠の命は、不滅の魂との一体性の内に、そして、それぞれの魂の不朽の実体である神との一体性の内に、本来そなわっているものです。復活させるべきものとは、私たちそれぞれの内にある、神の個別化した輝きです。皆さんは深い瞑想の中で、優しく快い平安、言葉にできない完全で満ち足りた喜び、神への信仰とともにわき上がってくる愛を感じます。そのような状態において、皆さんは、魂の意識――自分の内におられる無限のキリストの反映――に触れているのです。そして少なくともその瞬間、本当の復活の喜び、そして死すべき肉体と自我の束縛から解放された、真実の喜びを経験しています。

 そのように真の自己の復活をかいま見たら、それを手放さないように努め、行動に反映していくことができます。瞑想を終えたとき、人間的な要素――惑わそうとする感覚と、移り気な感情をもつ限界ある心――が、「外面的な自己」と「内なる神」との間にいや応なく壁をつくってしまうのを、決して認めてはなりません。イエスやほかのすべての大師が到達されたように、私たちもまた、瞑想において復活した意識と、それによって授けられる神の恩寵を大切に保つよう挑戦しましょう。そして、私たちの人生や態度や反応を、復活した意識にゆだねていくようにしましょう。

 復活した意識によって達成できることを過小評価してはいけません。たとえどんなに小さなことでも、皆さんが、より高次の性質であるキリストの徳性を表に出そうとして、それに成功したなら、皆さんは、自分の魂から善なる特性を復活させたのです。復活させたその善性は、至る所に存在する善(神)に、謙虚に協力しながら溶け込んでいきます。自己主張することなく、それどころか自分で意識することさえなく、このようにあなたは、世界全体から暗闇を追い払う手助けをするようになるのです。そしてついには、皆さん一人ひとりの人生が、すべての創造物を高めていくために働く、キリスト意識という遍在の光の一部となるのです。あなたの神聖なる運命は、魂に潜在する力を現し出すことです。どうかこの復活祭に、魂に潜在する力があなたの意識に明かされますように!

 

 

神、キリスト、大師の方々の絶え間ない祝福の中で

 

Mrinalini Mata's Signature

 

スリ・ムリナリニ・マタ

 

Copyright © 2012 Self-Realization Fellowship. All rights reserved.

Shop Bookstore   |   eNews   |     Donate   |   Contact Us   |   Sitemap   |   Audio Video Index   |   Privacy Policy   |   Terms of Use  
Copyright © Self-Realization Fellowship. All Rights Reserved.