2020年 新年: Self-Realization Fellowship 100周年記念

2020年 新 年

「天の父よ、あなたの無限の表現の内にあなたご自身を感じられるようになるまで、毎日が霊的直覚の新たな年、新たな周期の始まりとなりますように、われらを祝福してください。」

--パラマハンサ・ヨガナンダ

新年の喜びのご挨拶を、心からの友情と愛を込めて、世界に広がるパラマハンサ・ヨガナンダの霊的家族、愛する友人の皆さんにお送りします。上記に引用されたパラマハンサ・ヨガナンダの力強い祈りによって高められ--1年の中でもこの特別な時季は、成長・変化・変容・再生のための神聖な機会を象徴していることを知り--私たちの魂に生来そなわる希望に満ちた意識をもって 2020年を迎えましょう。

先のクリスマスに、愛とご支援のカードや贈り物やメッセージを送っていただきましたことを、この場を借りて、世界中の至る所におられる皆さんにお礼申し上げます。あなた方の聖なる友情を受け取ることが、どれほど私の心を動かすか、パラマハンサジの僧院で奉仕する僧侶と尼僧全員にとって、どれほど大きな意味があるのかを、皆さんはご存じないと思います。何よりも大きいのは、グルの聖なる教えと技法を、誠実に献身的にあなた方が人生の一部としているのを知ることです。神が、皆さん一人ひとりを祝福されますように!

昨年は、SRF/YSS (Self-Realization Fellowship / Yogoda Satsanga Society) にとって、特別な年でした。SRF/YSSのレッスンが完成し、公開されたのです。これは、グルジの教えが広まっていくなかで、歴史上 画期的なできごとでした。この新しい年もまた、大きな喜びの年となるでしょう―グルジがSRFを設立されてから100周年を迎えるのです。100年前、グルジは、インドが古来より秘蔵してきた最も神聖な教えを西洋にもたらすため、アメリカにやって来られました。その教えとは、神を見つけ、神と霊交する方法についての教えでした。ボストンで船から降り立ったときはたった一人で誰も友人はいませんでしたが、すぐに、中心的役割を果たす人々に取り囲まれていくようになりました。彼らは、インドに古くから伝わる真理のメッセージを熱心に求めていました。グルジはどこに行っても魂の友をつくり、教えに従う人々や弟子を引き寄せました。こうして師の教えは広がっていき、今日あるような世界的規模の組織ができたのです。

あなた方は皆このような成長の一端を担っています。私には皆さんが、この地上にまかれた輝く宝石のように見えます。皆さんは、天の摂理である世界的な教えで、この世を明るくするのを助けているのです。この教えは、力と勢いを増しており、人々や国家を、無知や利己心や暗闇から引き離し、神の光と霊的意識に向けるのを促進しています。私は世界中で、SRFやYSSの教えを5年、10年、20年、30年、それ以上実践している会員に出会いました。何という愛と善意が、何という積極的精神と内なる悟りが、彼らの目、顔、そして全身から輝き出ていたことでしょう! これこそが、霊性の実践によって必ず得られるものなのです。

ですからこの100周年記念の年は、すばらしい回想のときとなるだけでなく、パラマハンサジとSRFの大師たちを通じて、私たちとこの世に与えられた魂の贈り物や好機に、新たなインスピレーションや感謝の念を感じるすばらしいときとなるでしょう。計画されている特別なイベントについては、皆さんご自身で、SRFの Webサイトをご確認いただければと思います。

私たちが、グルに感謝を示す最高の方法は、グルの教えと理想の模範となることです。そして新年の始まりは、そのような決意をする絶好のときです。自分の人生から、霊的でない習慣を(少なくとも一つは!)取り除こうと決意しましょう。そのような習慣は、神の似すがたにつくられた魂として、私たちがなるべき自分になり、成し遂げるべきことを成し遂げるのを邪魔して妨げます。

神の似すがたを現実のものとするには、瞑想しなければなりません。今から、あるいは今晩の定期的な 瞑想のときに、少し時間をとって沈黙の内に座りましょう。レッスンで習った技法を実践し、それから、神にまごころを込めて話しかけます。あなたの心にうったえるのなら、どのような神の姿、様相でも構いません。そのようにすると--目でキリスト中枢(クタスタ)を見つめつづけ、信頼と期待に心を合わせるようにすると--霊的意識が開かれていく内なる確信を感じます。時には、神の兆しや証しを、すぐに得られないことがあるかもしれません。というのは、ちょうど筋肉を使えば使うほど強くなるように、神は私たちがもっと大きな信仰心をつちかうことを望んでおられるからです。私たちは、神は本当におられるのかと考えます。けれどもイエスはこう言われました。「2羽の雀が1アサリオンで売られているではないか。だがあなたがたの父の許しがなければ、その1羽さえ地に落ちることはない。」神は私たちのことをご存じです。私たちが神のことを知らなければならないのです! 神を知るためには、信仰心と積極的な考えをもち、辛抱強く瞑想しなければなりません--どのような試練が来ようと、霊的進化のための次の段階としてとらえ、心の内で常に努力して、神と同調し、正しい態度をとるようにしましょう。

「神よ、この経験から私が何を学ぶことをお望みでしょう? どのように応じることをお望みですか? 勇気と心に宿るあなたの愛とともに、この道を歩むことができるよう私を祝福してください。」このようにすれば、あなた方は旅の終わりに、必ず神を見つけることができるでしょう。

瞑想の中で、私は皆さん全員のために祈っています。神の祝福が、皆さんに流れてゆくのを感じてください。神の愛という防護壁があなたを取り囲んでいるのを思い浮かべてください。一つに結ばれた魂の家族として、神の光と愛に包まれながら、この年を、SRFの歴史における記念の年とするだけではなく、私たちの個人的な霊的人生における記念の年にするようにしましょう。グルジの美しい言葉を思い出してください。

「SRFの唯一の目的は、一人一人に、神と個人的に霊交するための方法を教えることです。この方法に従って努力する人は必ず神を見つけることができます。心に真剣に誓ってから神にこう祈りなさい。『父よ、あなたを求める私の熱意を、いつまでも燃やしつづけさせてください。そして、私がこれ以上、時間をむだにしないよう力をお貸しください』と。・・・・・・ そして私は、あなたがたのために祈ります。『あなたがたがきょうから主を求めて聖なる努力を続け、主の中にしっかりと住み着くまで決してあきらめないように』と。」

この新年に神の祝福により、あなたとあなたの愛する人々に神の平安と愛と喜びがありますように
ブラザー・チダナンダ

Copyright © Self-Realization Fellowship. All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)