初心者向けの瞑想法

パラマハンサ・ヨガナンダが教えた瞑想法Paramahansa Yogananda meditating

1)祈り

瞑想の姿勢が定まったら、神に心からの祈りを捧げて始めます。神への愛を表現し、瞑想への祝福を祈ります。

2)緊張とリラックスで、すべてのストレスを取り除く  

  • 息を吸い込みながら、こぶしを握り、体全体を緊張させます。
  • 体のすべての部分から一気に力を抜き、同時に、「ハッ、ハー 」と二息で口から息を吐きだします。

これを3回から6回繰り返します。

その後は、息に注意を向けることをやめ、息が自然に出入りするのにまかせて、普段通りの呼吸をします。

3)霊眼に意識を集中する  

まぶたを半分閉じます(もし全部閉じたほうが楽であれば、全部閉じます)。目を上に向け、あたかも眉間を通して見るかのようにして、視線と意識を集中させます(深い集中状態にある人は、しばしばこの眉間に眉を寄せています)。目を寄り目にしたり、力を入れたりしてはいけません。リラックスして静かに集中している時には、視線は自然に上向きになるものです。

Focus attention at the spiritual eye大切なことは、全注意力を眉間に集中させることです。眉間はキリスト意識の中枢であり、イエスが言われた“ 一つの目” があるところです。「からだの明かりは目である。だから、もしあなたの一つの目が見えたならば、あなたの全身が光に満ちているのが見えるだろう。」 (マタイによる福音書6 : 22)

瞑想の目的が達せられると、意識が自然にこの霊眼に集中していることが分かります。そして瞑想者の聖なるものを受け入れる能力に応じて、神(スピリット)との喜びに満ちた聖なる合一を経験します。

霊眼は、金色の光の環に囲まれた、青い円形の空間の中心で脈動する、五つの閃光を放つ白い星として見えますが、これを見るには、深い集中と静寂が必要です。霊眼を見ることができたら、さらに深い集中と、神への献身的な祈りとをもって、その霊眼の中へ入り込んで行くように努めなければなりません。このために必要な深い平安と集中は、SRFの科学的集中法と瞑想法(SRFのレッスンで学べます)を着実に実行することによって、自然に身につけることができます。


4)自分自身の心の言葉で深く神に祈る

 Sri Daya Mata in meditation
 
瞑想の価値についての
スリ・ダヤ・マタの言葉


Anchoring Your Life in God

(抜粋)(2分54秒)
 

霊眼の光が見えても見えなくても、それでも、神と偉大な聖者の方々に深い祈りを捧げながら、眉間のキリスト意識の中心に集中し続けることが必要です。神や聖者に、自分のもとに来て祝福していただけるように、心の言葉で呼びかけてください。 

そのための良い方法は、SRFのレッスンや、パラマハンサ・ヨガナンダ著 『Whispers from Eternity』 または 『メタフィジカル瞑想』から、アファメーション(自己断言)または祈りの言葉を選び、信仰心に満ちた熱い思いをこめて唱えて、その言葉に神聖な力を持たせることです。

眉間に意識を集中したまま、静かで深い平安と内なる喜びという神からの応えを感じるまで、心の中で歌い、祈りなさい。

 

パラマハンサ・ヨガナンダの祈り

アファメーションを実践する(英語)

聖歌(キールタン)に参加する

5)より高度な技法への準備段階として、毎日実践すべきこと

瞑想時間は、少なくとも朝に30分、夜に30分とる必要があります。瞑想の平安状態を楽しみながら、座っている時間が長くなればなるほど、内なる成長は速まります。瞑想で感じた落ち着きを、普段の日常生活にも持ち込むようにしましょう。心の落ち着きは、人生のあらゆる場面に、調和と幸福がもたらされる助けとなります。

Pray Deeply to God in the Language of Your Own Heartここに示された方法を毎日実践することで、SRFのレッスンで学ぶことのできる、もっと高度な集中と瞑想の技法を実践するための、準備をととのえることができます。SRFの科学的な技法によって、神の存在という大海に、どこまでも深く潜っていくことが可能となります。私たちは皆、まさにこの瞬間、神(スピリット)という海の中に存在しています。しかし私たちは、着実に、一心に、科学的瞑想を実践することによってのみ、自分自身が、神の至福という広大な海に生じた、魂という個別化された波であることを、意識的に悟ることができるのです。

もっと瞑想を深めるために

gold lotus rule

パラマハンサ・ヨガナンダの著作より

「神の王国に入るための第一歩として、求道者は脊柱をまっすぐにして、正しい瞑想の姿勢で静かに座る必要があります。そして、体を緊張させ、次にリラックスさせます。リラックスさせることによって、意識が筋肉から解放されるからです。

ヨギは、適切な深い呼吸から始めます。息を吸い込みながら全身を緊張させ、息を吐きながらリラックスさせます。これを何度か繰り返します。息を吐くごとに、すべての筋肉の緊張や動きを解き放って、体の静止状態を達成するようにします。

その後、集中の技法を行うことによって、落ち着きのない心の動きが静まります。体と心の完全な静止状態のなかで、ヨギは魂に接して、えもいわれぬ平安を味わうのです。

体という神殿には生命がおさめられており、心という神殿には光が、魂という神殿には平安がおさめられています。魂の中に深く入れば入るほど、平安がもっともっと感じられます。それが超意識です。

より深い瞑想によって、求道者は、平安の意識が拡大していきます。そして宇宙にまで自分の平安の意識が広がり、あらゆる存在、あらゆる創造物がその平安の中に飲み込まれていくのを感じます。それから、宇宙意識の中へ入っていきます。花の中に、あらゆる人の中に、大気の中に――すべてに平安を感じます。地球とすべての世界が、平安の大海に、泡のように浮かんでいるのを見るのです。」

―― パラマハンサ・ヨガナンダ
    (『The Yoga of Jesus』より)
Copyright © Self-Realization Fellowship. All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)