パラマハンサ・ヨガナンダ

Paramahansa Yogananda AY-Japaneseパラマハンサ・ヨガナンダ(1893-1952)は、現代における卓越した精神的・宗教的偉人の一人として認められています。

ベストセラーとなった精神世界の分野の傑作『あるヨギの自叙伝』の著者である、この親愛なる世界的教師は、1920年に母国インドからアメリカに渡りました。30年以上の長い年月、西洋で暮らして教えを説いた最初の偉大なヨガの師でした。ヨガナンダは今や、西洋におけるヨガの父として広く知られています。ヨガナンダが1920年に設立したSRF(Self-Realization Fellowship)および1917年に設立したYSS(Yogoda Satsanga Society of India)は、ブラザー・チダナンダの指導のもとに、師の聖なる遺産を世界に広めていく活動を続けています。

パラマハンサ・ヨガナンダは、様々な教えを通じて、無数の人々の人生に深い影響を与えてきました。例えば・・・

  • クリヤ・ヨガ瞑想の科学
  • あらゆる宗教は根本的に一つであること
  • 体と心と魂の調和を保ち健康で幸福になる方法


師の教えと、師が教えた瞑想法を学ぶには、以下の方法があります。

SRF Homestudy Lessons
SRFのレッスン :ヨガナンダ自身の考案による総合的な家庭学習用レッスンシリーズ(通信講座)
People/Monastics A life of devotion SRF僧団 から任命を受けた僧侶・尼僧が執りおこなう、SRF寺院や世界各地の瞑想センターでの各種行事
AY-Japanese SRFから発行されている書籍やCD・DVDなど (SRFは、師ご自身がその教えを世界に広めるため創設した団体です)  
Copyright © Self-Realization Fellowship. All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)